今日だけは、神に祈ろう

出身地北見に戻り、早5年が過ぎた。
両親とのコミュニケーションも増え、有り難みを感じながら少し親孝行らしい食事会も昨年はできた。
私も今年は50代の仲間入り。親のことは大抵知っていると思っていたのだが、意外な事実が先日判明した。
いささか不謹慎言い方ではあるが、私が思っている程、神仏を重要視していなかったということである。

実家には、遺影や位牌もないのに小さな頃から仏壇があり、盆正月はもちろんのこと、何か頂き物があれば一旦お供えする。
父はお経をほぼ空で言えるらしい。
そして神棚もあり、幼い私にも厳かなお参りを毎年半ば強要される。
宗教どっぷりではないから、その点はこちらは気が楽なのだが昨年末の母の発言に意外な一面を見た。

実家の神棚清掃、米・塩・酒などのお供え物をしていると「○○のおじいちゃん(仕事上大変お世話になった方)に”日本人なのに神棚がないのはおかしい”と言われて付けたのよ。」と母。
おそらく、雨漏りしてネズミの出る長屋の賃貸アパートから、一戸建て賃貸住宅を経てマイホームを手に入れた時か。
そう考えると母が32・3歳の頃である。

今でも神も仏もない家に住む私にとっては、祭壇がないのが普通。
襟を正して感謝を捧げる場として考えて、遅ればせながらこれも必要かなと思い始めていただけに少し驚いた。

トイレの神様を含めた八百萬(やおよろず)の神を信じる日本人にとって、万物に神が宿り、全てのものを大切にする心への醸成には、その考え方は貢献するが一神教でないことからか「神」に対する畏怖の念は、軽んじられてしまうのだろう。

特に最近は「神」という言葉に対する威厳がない。ネットの世界を中心にたやすく連発されている。
何か能力的に優れたスーパープレイヤー、自分の信奉する人物という意味でも使われているようだが、どうも私にはしっくりこない。

「神業(かみわざ)」、「神芸」という使い方(神のような的)、また、「神童」や「野球の神様」までなら許そう。
だが、単にその人自身を「カミ」と呼んでしまうのにかなり抵抗があるのは、おじさんになっている証拠か?
少なくても外国人には通じまい。

今日はセンター試験。
甥っ子も受験だから、若者たちの奮闘を願い、天の邪鬼ながら今日は神に祈ろう。

[0 コメント] [2014.01.18更新] [投稿者:石崎石油/石崎]

忘年会シーズン真っ盛り(飲み会でのお約束ごと)

私は酒が強くない。というより弱い方だ。
今年は新春、酔っぱらって具合が悪くなり、真正面から倒れてしまったこともあって、それから飲み会はどうも億劫になっている。
顔面をぶつけ、鼻血。唇からも血を流したのに、替えたばかりの高いめがねが全く曲がっていなかったのは、ラッキー。
不思議なこともあるものだ(W)。

弱いくせにみんなが飲んでいる席で、一人ビールを我慢するのも苦手な情けなさ。
学生時代、「おまえは安上がりだなぁ」なんて先輩に言われたものだ。
(こう言われておもしろくはない)
社会人になっても酒が好きにはあまりなれない。
月一回の幹部会議という名の飲み会は、おいしいつまみや小料理は出るが、社長主導の言わば反省会だ。
そこでは誰かが集中砲火を浴びる。物事が決まったりもする。
翌日、「飲んだときの話だよ。」とはならない。
一杯目のビールの次は、日本酒と決まっている。
私はフワフワの頭の中で、重要事項はしっかり把握しなくてはならないのだ。

研修のためにある商社に1ヶ月ほどお世話になった。
(その節は、大変勉強になりました。ありがとうございます。)
「飯食いに行きましょう」と毎日誘われ、合計4~5人で参加する。
社会人になったら、「夜のご飯」=「酒」だ(W)。
そこでは、部下たちの報告、上司の指示が行われ、飲みながらメモさえ取っている。
私は、勉強する身でそれ程報告事項はないのだが、「どんどん食べてください」と言われても周りの部下たちを見ていたら、そうそうのどを通るものではない。
ご飯代は、全部上司持ち(凄い)。

この会社は、うち以上だ(W)。

そう、多分酒が嫌いというより、酒によって判断力が落ちている状況で、回答しなければならないことが嫌なのだ。

全く酒の飲めない日本人は約4%位いるらしい。
夜の食事会、ウーロン茶でずっとおつきあいをする方には、頭が下がる。
酔っぱらったオジサンのエロ話に、ぐいぐいツッコミを入れてくる一滴も飲まない大阪のお姉さん(51か2です)は、もう尊敬に値する。
「日本人は酒に弱い」でググってみたら、びっくりしたことにキリンとサッポロビールのサイトが上位にヒットする。
そこでは遺伝による影響が最も大きく、日本人の半数近くが酒に強くないことが理論的に説明されている。
ともすれば、売上至上主義に走ってしまう資本主義経済において、その企業姿勢は当社も見習わなくてはいけない。お客様に対する説明責任という意味で、今日はいいヒントを得た。

何も酒そのものを否定するつもりはない。
懇親の方法の一つとしてかなり有力な手段であることは間違いない。
酒を交えながら、たわいのない昔話や失敗話、下ネタやら趣味や考え方で共感できると楽しい。
そして叶うなら、自分のペースでほろ酔いでいたいものだ。

とんねるずが歌で火をつけたこともあった「イッキ飲み」は、その危険性が周知されている時代になったし、大酒飲みを自慢したり、下戸がいじめられることは少なくなったろう。
そんな時代に入り、私はちょっと嬉しい(W)。

<新人の皆さんへ>
職場で、接待で飲み会と言ったら「仕事の話はナシで」とか「今日は無礼講で(もう死語かも)」ということはあり得ません。
○言っていいことと、悪いことの判断ができる程度までしか飲まないこと。

<40代以上のオジサンへ>
○酔った勢いで教鞭をふるわないこと。
(シラフで言わないと効果なしです)

12月は飲み会が増えますが、どうぞ皆様ご自愛のほど

[0 コメント] [2013.12.18更新] [投稿者:石崎石油/石崎]

ふとん乾燥機壊れる

我が家の「ふとん乾燥機」が約30年の生涯を終えた。
(かなり大げさで、スイマセン。)
でも、愛着の理由を敢えて書こう。

そう頻繁に使うものでもないため、今でも付き合いのある友人と「ロヂャース(埼玉の有名なディスカウントショップ)」で、学生時代に折半で買ったものだ。

大学のひとり暮らし、当然布団を干すことなど滅多にするはずもなく、自分の不精を棚上げし、北海道にはない関東独特の梅雨のジメジメのせいにして、お金を出し合って買うことにしたのだ。
親元を離れ、一人で生活をすることは大切だ。
気づかなかったことがたくさんある。

敷きっぱなしのふとんで、数ヶ月寝る。
ふとんに入るとまず、ジメっとする。
ふとんの下の畳に、「カビ」だか「怪しいきのこ」だかが生えていた(W)。

これはヤバイ。

「ふとんを干しなさい」と怒られながら、渋々ベランダに掛けていた実家での高校生時代。
いつもフカフカの布団にしてくれた母にやっと感謝できる。(反省)
このことは母には内緒だ。
ブログを書いていることも内緒なので、関係者の皆様ヨロシク・・・。

乾燥機を使うと、一日物干し竿に掛けた時と同様、「お天道様の匂い」がして、なんだか気持ちいい。

交替で使っていた乾燥機も大学卒業時、最後に私が持っていて、一応「どうしようかなぁ」とも思ったが、分けるわけにも行かずこっそり就職先の仙台行きの引越荷物へ紛れ込ませた。
このことも(友人には)内緒だ。

30年もの間、よく働いてくれた。
確か約7,000円だったと記憶している。

ふとん乾燥機と母に、ありがとう。

[0 コメント] [2013.11.03更新] [投稿者:石崎石油/石崎]

1 / 3123

このページの先頭へ