社長はチェック魔

入社試験も無事終わり、来春2名の新人が入社する。
試験問題は時間をかけて練り、当社では特に挨拶以上の会話ができる人材を求めている。
合格した方は無論嬉しいだろうが、期待の新人を迎入れるのは、会社も先輩方も本当に嬉しいものだ。
業績を伸ばすのが困難だから、見合わせる中小企業も多いと思うが、間違いなく新卒採用は社内が活性化する。
胸膨らませ、やってくる若い世代にがっかりさせないよう業績内容も仕事の質も発展させ続けなければと改めて思う。

ところで、私が花粉症ということもあり、わが家では空気清浄機が自動運転している。
バラしてみるとそれほど複雑な構造ではないのだが、ホコリなのか、ニオイなのかを判定しながら風量が変化するスグレモノだ。

経営者はチェック魔が多いと思う。
先ほどの試験しかり、日常では「あれやったか、これやったか」と社員に煩がれていると思う(w)。
(でも「ウルサイなぁ」と思うのなら、聞かれる前に報告した方が気が楽だと思うよ。)
(大抵、2回ぐらい「どうなったかなぁ。連絡ないなぁ。」と思った後に訊いていますから。)

社長は、人も機械も上手く機能して約束を果たしているか常に確認して、安心したいのです。

皆さんは、お持ちの「空気清浄機」が正しく動作しているか確認していますか。

ちょっと離れた場所でオナラをする。

数秒して「ニオイ」ランプが付く。
(エライ!)

「お~」風量も徐々に最大になっていく。
(そんなにクサイか。)

「よしよし」と可愛がってやりたくなりますなぁ。

未来の奥さんに馬鹿にされそうだが、「その位、許せ。」

空気清浄機

[0 コメント] [2013.09.29更新] [投稿者:石崎石油/石崎]

コメント

コメントを書き込む

このページの先頭へ