「2個ね。」

あるコンビニに行った。
明らかに10歳以上は、年下と思われる店長に「3番のタバコを2個お願いします。」と言った。

 

「2個ね。」確認された。

 

初対面に近い形での対応だ。
(因みに私は、ほぼ50歳です。)
(相手も「49」の精算ボタンを押したので、認識していると思う)

 

——————————————————————————————–

 

ある意味北海道人らしい慣れ親しい言い方であるのだが、どうもシックリこない。
逆に自分が中高生だった時も、傍から場面を見ていても大人から「2個ですね。」と言われると私は虫酸が走ってしまう。

 

「(マニュアルで管理された接客応対かよ)」

 

「年上だからって、なんで上から目線なの?」という意見もあるかもしれないが、自分が20歳位まで年上の店員から接客された場合、「2個ですね」より「2個ね」の方が先輩後輩の関係というわけでもないが気持ちいい。

 

未来は、直接人とのふれあいの時間がますます減り、それ自体が貴重な経験になってくるだろう。

 

現時点で、皆さんはどちらの接客を望まれますか?

 

年代によって感覚も違うかも。
一緒に年代をコメントしてくれると嬉しいです。
(「中高生がタバコを買うのは問題がある」というツッコミは要りません(w)」

2コです!

2コです!

[0 コメント] [2013.09.02更新] [投稿者:石崎石油/石崎]

また、シャンプーかよっっ(怒)

性格もある。
時短の時代だ。

風呂もちゃっちゃと上がりたい。
洗髪する。
綺麗に洗い流して、コンディショナー(おしゃれ(w))を手にとって髪につける。

 

「また、シャンプーかよっっ(怒)」

 

そう、2度目のシャンプーなのだ。
こんな失敗を反省もなく、年に10回位やっている。

ご存知のように同シリーズのシャンプー&コンディショナーのボトルは非常に似たような色で作られており、洗剤メーカーの罠にまんまと引っかかっているのだ。

私が目が悪いこともあるのだが、シャンプーとコンディショナーは、それぞれ違うメーカーにすることをおすすめする…なんとなく(w)。

整髪剤をつけている人は、2度洗いが良いようなことを聞いたこともあるが、自分の意図と違ったものになると腹が立ってしまうのは人情。

 

こんな人が書き始めたブログです。
すぐに返信できないこともあるかもしれませんが、気楽にコメントしてくれると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。

どっちがシャンプー?

どっちがシャンプー?

[2 コメント] [2013.08.26更新] [投稿者:石崎石油/石崎]

3 / 3123

このページの先頭へ