ビークルガレージ夕陽ヶ丘店・注意事項

こんな時は交換が必要です!<車検が通らない主な項目>

車検が通らない主な項目image

①フロント・ドアガラスのフィルムが貼ってある(レーダーの貼付も不可)

②各レンズ類に割れている箇所がある

③車高の高さが低すぎる

④ハンドルラックブーツの破損・ドライブブーツシャフトの破損(車両の下から点検・整備します)

⑤ブレーキパット・ブレーキライニングの摩耗・ブレーキのホイールシリンダーのオイル漏れ(点検・分解整備を行います)

⑥タイヤがフェンダーより出ている

⑦タイヤの溝が浅い

⑧マフラーの破損(排気ガスがもれる等)

※上記の主な項目とそれ以外に、車検時の点検で交換を要す部品・作業が発生した場合は、「車検整備基本料金」の他に別途料金を申し受けます。その際はご相談させていただきます。
※「改造車」「輸入車」の車検はお引き受けできない場合があります。ご了承ください。

エアバックのリコール対策はお済みですか?

2018年5月よりタカタ製のリコール未改修のお車の場合、車検を受けられなくなります。
車検証をお手元にご用意の上、お問合せ願います。

【お問合せ先】TEL:0157-61-7200

【国土交通省】(外部リンク)
 ●エアバッグのリコール未改修車両を車検で通さない措置について
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/recallinfo_003.html

 ●(一社)日本自動車整備振興会連合会のリコール対象検索システム
 国産の主要自動車メーカーは、以下のWEBサイトにおいて検索ができます。
 https://www.jaspa.or.jp/portals/recallsearch/index.html

駐車違反金不払いのまま、車検を受けることはできません

平成18年6月から、「駐車違反反則金不納者に対する車検拒否制度」より、催促状を受け取っても駐車違反の反則金を支払っていない場合、自動車の次回の車検(継続検査または構造等変更検査)を完了することができません(道路交通法第51条の7第1項及び第2項)。

よって、車自体が車検基準に合格していても、車検証が運輸支局から発行されませんので反則金を納め、領収書を提示する必要があります。

また、その代金を当店で立て替えすることはできかねます。

自動車税が納められていない場合は、車検を受けることはできません

自動車税を滞納していた場合、自動車納税証明書が発行されないため、車検を受けることができません。
滞納していると、延滞金が発生します。さらに滞納を続ければ、財産を差し押さえられることにもなります。

また、その代金を当店で立て替えすることはできかねます。

このページの先頭へ